早いもので明日から京都です。楽しみすぎて笑いが止まらない。ふはははは。

そういえば「なんでIT系の仕事してたのに山行くのさ?180度違うじゃないの」と、よく言われます。

ぶっちゃけ、「ワクワクするから」以外に理由ないんですよ!山が俺を呼んでいる!!!

とまあそんな一言で片付けちゃうのもつまらんので、割とマジメに考えてみた。

依存したくないから

ぼくは何に依存するのが、めっちゃくちゃ怖いんですよね。例えば「会社」に依存したくない。

その会社で働いて身に付けるスキルって、その会社でしか通用しないことも多々ある。

あとは会社の名前で仕事してて、いざ会社を辞めてみたら、全然すごくない自分が露呈しちゃう、っていうのもよくありそうなイメージ。依存度が高いと、会社を出たらやっていけなくなっちゃうよね。

同じ理由で「個人」にも依存したくない。

やっぱり個人ですごい人はいるわけで、これまですごい経営者にたくさんお会いする機会があったんだけど、尊敬の念を抱きつつ、「その人がもし事故って死んだらその会社どうなんだろうなー」ってよく考えたりしちゃいます。

フリーランスならまだしも、あまりにも個人がガンガン出るブランディングはいかがなものなんだろうか。

あ、あとこれは個人の話じゃないけど、Googleとかfacebookがアルゴリズム変えるだけで、検索順位変わって、たいぶ大変なことになる会社もあるでしょう。

内部環境にしろ、外部環境にしろ、依存しているそれを失ったら、自分もやばい状況に陥りかねない。いざその状況に陥っても依存してきた生活してるから、自立する術もわからない。

そんなその状況に自分がいるということがなんか嫌です。だから極力、依存せず生きたい、と思っています。

生きる術を身に付けたい

自分の食べ物の捕り方を知らないのって、人間とペットだけだなーって思います。

なんか生物として変じゃないですか。

狩猟やら農業やら山に生えている山菜やらきのこやら採取して自分の食べ物の確保ができるようになるっていう当たり前のことをしたいと思った、その一心で山での暮らしを選んだようなもんです。

山は、厳しい環境だと思います。イノシシやクマに襲われて死ぬかもしれません。冬は2mの雪が積もります。

でもそこで生き抜けたら、絶対に死なないに人間になれるんじゃないかなあ。

「生きるスキル」と「生きてるって感覚」が欲しくてたまらないのはありますね、これがたぶん一番ワクワクするところなんでしょう。

あとは、自然の中で生き物たちは食うか食われるかの「Dead or Alive」な感じで生きてるのに、ちょっとミスっても怒られる程度で済む人間の生き方。どうも薄っぺらく感じちゃうんですね。

自然本来の生態系の中に入りたいですねー。

現代社会で生きていく意味がわからなくなった(絶賛考え中)

口に出さないだけで、この世の中、意味がわからないだらけ!なんなの!って思ってる人、多いんじゃないですかね?

  • 働き過ぎ。人間夜行性じゃないので日が沈んだら寝れば?って感じ
  • 直下型の地震、もしくはテロが東京であったらそこで働いている大多数が終わるリスクあるけど…
  • 新しいサービスを生み出し、便利になればなるほど忙しくなる。ドMなの?
  • いまの大量消費社会が持続しないのは目に見えてるのに、市場しか見てないのか、見ないふりしてるわからないけど、ほんとにいいの?
  • そもそも世の中の道徳や法の遵守とか、現代社会で最高の価値になってるものは、人間のエゴから生まれた下賤なもの。そんなものに従う意味がわからない

まだまだあるけれど、不満だらけですたい。。。

見ないふりして通り過ぎるのもできるし、その方が利口だとも思うけど、ぼくにはそれがウルトラ気持ち悪い。

文句いうだけは簡単だけど、思考止めないでじゃあどうするかは考えなければ、、、とめっちゃ思うところですわ。

まとめ

①依存の結果、下手したら死にかねないリスクを避けたい

②生きていく能力がほしい

③納得してないまま生きることはしたくない。

中二病みたいですねw

でも、生きるとは何か?をはじめとする哲学がすごい好きなので、これからの暮らしの中で思想を深めていくのもぼくの楽しみのひとつです。あと普通に中二病的考えも大好きです。

山行く前に、京都市内で抹茶とわらび餅は食いてえなー。