毎日、当たり前のように鹿肉を食べる生活をしています。

ほんとに毎日なので、もう慣れてしまった感ありますが、健康に良いと、よく聞きます。

が、しかし!正直まだ24歳という若さにかまけてロクに健康のことを気にしたことがありません。。。

というかカロリーが高いもの=うまい!という方程式があると思っているくらいなので、コンビニで買うものは、安価で且つ、カロリーが高いものを意図的に買っていたくらいです。

「カロリー/円」的には、これが最強だと思います。オススメ。

PA090668 まあそんなこんなで、いつも食ってるものを知らないのはどうなんだ、と思うので、ちゃんと調べてみたよ。

鹿肉のいいところその①!低カロリー、低脂肪、高タンパク!

さっきカロリー高いほうが云々と書いたばかりだけど、健康的に考えればカロリー低いにこしたことはないですよね。笑

まあ調べてみると、鹿肉の健康機能性はすごかった。

まずカロリーの話しからすると、お馴染みの豚肉とか牛肉に比べて、カロリーは1/3から1/4程度。

脂肪分は約1/80。そしてタンパク質の割合は約1.5倍から2倍。

油ギッシュでコッテコテのSomethingを食している現代っ子にとっては、まさに「脱・不健康」的な肉である。めっちゃヘルシー。

鹿肉の良い所その②!鉄分豊富!

鹿肉はよく、味方、なんて聞いたりする。

その理由はいろいろあるけれど、ひとつに「鉄分」が豊富、というのがありますね。

鹿肉に含まれる鉄分は、「ヘム鉄」というらしい。これ、どんな成分なのかというと、人体に含有されている鉄分と非常に性質がよく似ているそう。

その結果、体内の吸収率がすごく良い。

貧血気味の人にも、おすすめしても良いんじゃなかろうか。

魚に含まれるDHAがいっぱい!鹿なのに!

DHA(ドコサヘキサエン酸)って、聞いたことあると思います、魚に含まれていると。

でも実は鹿肉にも含まれています。調べてみて思うけど、鹿すげえなマジで。

ちなみにDHAってどんな成文化というと、「中性脂肪」を減少させる働きがあるっぽい。

つまるところ、ダイエット中には摂取したい成分ってことですね。

前職の仲の良い友だちが、昔サッカーやっててすごいスマートだったのに、どんどんブクブクと……おっと、余計なお世話かもしれない。でも鹿肉いいぞ、って勧めてみようかな。笑

あとは「不飽和脂肪酸」も多く含んでいます。これも魚類とか、植物油に多く含まれている成分です。

ググッたら、"血中の中性脂肪やコレステロールの量の調節を助ける働きがあります。また一部の多価不飽和脂肪酸には、脳神経の発達やアレルギー症状の緩和を助けるなど、ほかの脂肪酸にはない有効な働きがあります。"って書いてあった。

まあつまるところ有能ってことやね!!

鹿って食性が草食系だから、植物油に含まれる成分があるのかしらね。

鹿肉って臭いって聞くけどどうなん?

結論から言おう。臭いやつと、臭くないやつがある。

この違いは何かっていうと、「血抜き処理」がちゃんとできているか否か、という違いだったりする。

例えば猟で鹿を撃った時。すぐに血を抜き、内臓を出し、肉を冷やす。

この工程をすぐ行ったか、それとも怠ったかで肉の臭みに歴然とした差がでる。

もし、適切な処理ができなかった肉は、肉食う時はもちろんだし、何より解体する時点で臭い。

経験者は語るってやつです。あれは臭かった。経験は浅いものの、臭いやつと臭くないやつの解体を経験してる上で言ってるので、間違いないです。笑

ぼくらは肉は自家消費はもちろんのこと、ネット販売したり、自分たちが運営するレストランで出したり、お店に卸したりしてるから、めちゃくちゃちゃんとした処置をしてる。

まあ何が言いたいかというと、「ジビエ=臭い」っていうのはハッキリ言って間違いです。

処置ミスったヤツは臭いですが、まあそれだけの話しです。

まとめ

馴染み深い牛肉とか、豚肉とか。

それらと比べると、鹿肉に含まれている成分とか、あとは健康機能性とか、そういうのから判断すればヘルシーでダイエットにも良くて、アスリートとか女性の味方でもある食材だ、ってことになるわけですぜ。

ど田舎で暮らしてる限り、なかなか手に入れづらいやもしれんけど、たまに食べてみるのもいいんじゃないかと思うよ!