京都と移住、ときどき鹿

1991年生まれ。農民、猟師、大工、アウトドアガイド…全部本職です。田舎での自給自足の生活の学びをつぶやいてます。

カテゴリ: 哲学

思うところがあって、いつだったか友達に勧められた洋画家の岡本太郎著『自分の中に毒を持て』を読み直した。 自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか (青春文庫)posted with amazlet at 17.06.22岡本 太郎 青春出版社 売り上げランキング: 1,328Amazon.co. ...

先日の、相模原での障害者施設で起きた殺傷事件についてまとめた記事を読んでこんなことを思いました。 「生産性低いバカは価値がない。死ね」と外部から一方的に人の価値を規定してしまう考え方は、実は社会のあちこちにあるという話。 https://t.co/KGXBrGQhi2— 高橋 大 ...

今日、次から次へと、12羽くらい生きてるニワトリぶら下げて、頸動脈切っていったけど、何も感じなかった。初めてやったときも何も感じなかった。殺すという行為の上に、うまい肉があることを一般の人よりも理解できてるからなのかな?と思ってるけどどうなんだろうねえ。— ...

↑このページのトップヘ